東京競馬場どっとこむ


2017年3月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       

2017年4月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

2017年5月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

2017年4月30日(日)の競馬日記

スイートピーステークス

東京競馬場


メガグルメフェスティバル

メガグルメフェスティバル
メガグルメフェスティバル | 味仙
今日はまず「メガグルメフェスティバル」へ。

GW2日目は終日良い天気となり、どこのお店も大盛況で長蛇の列!

そのうちの1軒「味仙」に30分並んで「味仙丼」600円と「手羽先」600円。

ともにちょうど良いピリ辛具合でウマイ!
 

J-POPバンド生演奏

Tahirih Walker昨日に引き続き、日曜の今日も「J-POPバンド生演奏」が行われていました。

出演していたのは「Tahirih Walker」というアーティストとのこと。
 

乗馬の展示コーナー

乗馬の展示コーナー乗馬の展示コーナー

本日展示されていたのはタリスマンゴットダンディーの3頭でした。
 

誘導馬

誘導馬本日メインレースの誘導馬は、ユーワビスケットバロンビスティーレンディルサクセスブロッケンでした。
 

スイートピーSはブラックスビーチが優勝

ブラックスビーチ(スイートピーステークス)そしてメインレースはオークスへの最終トライアルとなるスイートピーステークス

勝ったのは3番人気ブラックスビーチ
鞍上は北村宏司騎手。

2着はカリビアンゴールドが入線し、この2頭がオークスの優先出走権を獲得しました。

昨日の青葉賞と同じく、1着ディープインパクト産駒、2着がモハメド殿下の馬という結果に。
 

天皇賞春はキタサンブラックが連覇達成!

京都ではGⅠ天皇賞春

ともに今年初戦のGⅠ大阪杯を勝って挑んできたキタサンブラックと、阪神大賞典を勝って挑んできたサトノダイヤモンドの2強対決。
前売りの1,2番人気は抜きつ抜かれつでしたが、最終的にはキタサンブラック2.2倍、サトノダイヤモンド2.5倍。

レースはヤマカツライデンが大逃げを打ち、10馬身以上離れた2番手追走がキタサンブラック
4コーナーではキタサンブラックが早くも先頭に立ち、シュヴァルグランサトノダイヤモンドが追うも差は縮まらず、そのままフィニッシュ!

勝ち時計はディープインパクトの3.13.4より0.9秒も速い3.12.5という驚きのレコード!

キタサンブラックは天皇賞春連覇でGⅠは通算5勝目。
鞍上はもちろん武豊騎手。
ポスター(天皇賞春)ポスター(天皇賞春)
天皇賞春
 

ザプレミアムモルツ日本ダービー缶

ザプレミアムモルツ日本ダービー缶最後に、毎年恒例のサントリーザプレミアムモルツ日本ダービー缶」が今週から東京競馬場で先行発売となったため買って帰る。

6缶セットで1,500円。
 

QEⅡでネオリアリズムが優勝!

クイーンエリザベスⅡ世カップ夕方、香港シャティン競馬場で行われたGⅠクイーンエリザベスⅡ世カップグリーンチャンネルで観戦。

昨年までは日本の中距離馬が春の目標にもしていたレースですが、今年は大阪杯がGⅠに昇格したことから、日本からの遠征はネオリアリズムの1頭のみ。

レースは8頭立ての少頭数となり、ネオリアリズムは後方3番手を追走も、スローペースにしびれを切らし、3コーナーで早くもスパートして一気に先頭に立つと、そのままゴールまで粘り切ってGⅠ初制覇!

鞍上はJ.モレイラ騎手。