東京競馬場どっとこむ


2020年5月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       

2020年6月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       

2020年7月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       

2020年6月28日(日)の競馬日記

パラダイスステークス

東京競馬場


東京開催最終日

無観客競馬のお知らせ(新型コロナウイルス)JRA新型コロナウイルスの流行にともなって2/29から無観客で競馬を実施することとなり、4/25に開幕した東京開催も引き続き無観客で開催されていました。
その間、NHKマイルカップヴィクトリアマイルオークス日本ダービー安田記念とGⅠも5レース行われましたが、結果として無観客競馬が解除されることはなく、本日、最終日を迎えることとなりました。

そして今日は朝から土砂降りの不良馬場…
東京競馬場営業休止(新型コロナウイルス)東京競馬場営業休止(新型コロナウイルス)
東京競馬場営業休止(新型コロナウイルス)東京競馬場営業休止(新型コロナウイルス)
 

芝の新馬戦はロードマックスの逃げ切り勝ち!

2歳新馬レース結果東京開催最終日の2歳新馬戦は2鞍。

まず、東京5Rは芝1600m戦。
朝から降っていた雨もこの頃には上がっていました。

そして少々アクシデントが発生!
返し馬でチェリーピッキングエコロカナワンの2頭が放馬し、さらに誘導馬マイネルラクリマも放馬!
その間、安全のために後続馬はウィナーズサークルにて輪乗りで待機。
3頭が馬場を駆け回るカオスな状態が続きましたが、スタンド前でなんとか捕まり、エコロカナワンは競走除外になり、15頭立てとなってようやく発走。

結果、2番人気ロードマックスの逃げ切り勝ち。

ディープインパクト産駒の牡馬で、鞍上は岩田望来騎手。
 

ダートの新馬戦はニーヨルがデビュー勝ち

2歳新馬レース結果東京6Rはダート1400mの2歳新馬。
今開催、東京競馬場で唯一となるダートの新馬戦です。

勝ったのは4番人気ニーヨル

シニスターミニスター産駒の牡馬で、鞍上は柴田大知
 

パラダイスSはアルーシャが優勝!

パラダイスステークスレース結果最終日の東京メインはリステッド競走のウッドバイン競馬場賞パラダイスステークス。芝1400m。

勝ったのは5番人気アルーシャ

ディープインパクト産駒で、鞍上の戸崎圭太騎手は昨日に続き2日連続でメインレース勝利!。
 

宝塚記念はクロノジェネシスが圧勝!

ポスター(宝塚記念)そして阪神ではGⅠ宝塚記念が行われました。芝2200m。

サートゥルナーリアクロノジェネシスラッキーライラックブラストワンピースグローリーヴェイズキセキワグネリアンペルシアンナイトのGⅠ馬8頭が出走し、1番人気に推されたのはサートゥルナーリア

しかし、レース直前に突如ゲリラ豪雨に見舞われたらしく、直前まで良馬場だった芝コースは稍重に悪化。
レースを迎える頃に雨は止んでいましたが、そんな馬場状態での発走。

レースはキセキが出負けして後方からとなり、逃げたのはトーセンスーリヤ
しかし、3コーナーから3番人気ラッキーライラック、2番人気クロノジェネシス、6番人気キセキの3頭が早めに仕掛け、直線はそのなかからクロノジェネシスが抜け出すと独走態勢に!
2着キセキに6馬身差で圧勝!
さらに5馬身離れた3着には12番人気モズベッロが入線し、サートゥルナーリアは4着という結果に。

勝ったクロノジェネシスは昨年の秋華賞以来となるGⅠ2勝目。

バゴ産駒で、鞍上は北村友一騎手。
 

上半期最後のレースはアキノスマートが人気に応える!

東京最終12Rレース結果4月から続いた無観客東京開催も最後の競走を迎えました。

東京12Rは平場の3歳上1勝クラス。ダート1400m。

勝ったのは1番人気アキノスマート

スマートファルコン産駒の牡3で、鞍上は横山典弘騎手。

なお、2回3回東京開催のリーディングジョッキーは、1位:C.ルメール(36勝)、2位:D.レーン(33勝)、3位:三浦皇成(16勝)という結果に。
 

無観客東京開催が終了

HOT HOLIDAYS!in TOKYO以上で上半期の東京開催は終了です。

本来なら開催最終日には芝コース開放イベントが行われますが、当然、今年はありません。
ただ、不良馬場だったので、例年通りでも馬場悪化による中止だったかな?

次回の4回東京開催は10/10(土)開幕の予定ですが、果たして無観客競馬は解除されているのか?
現時点ではなんとも言えない状況ですが、東京競馬場に入れると信じて待ちたいと思います…