東京競馬場どっとこむ


2018年8月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       

2018年9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

2018年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       

2018年9月22日(土)の競馬日記

東京競馬場


UMACA運用開始!

いよいよ全国に先駆け、今日から東京競馬場で「UMACA」の運用が始まりました!

馬券の購入方法が口頭からマークカードに変わったとき以上のインパクト!

UMACA事前登録済なので、早速、UMACAを使って馬券を買ってみることに。
 

UMACAにチャージ!

まずはUMACAに現金をチャージします。

チャージを行えるのは赤い入出金機

払戻金を現金で受け取るのもこの機械です。
 

UMACAで投票!

続いて実際に馬券を買ってみます。

投票機は場内各所にパラパラと置かれています。
台数はそんなに多くないですが、利用者がまだまだ少ないので、普及してくれば台数も増えるものと思われます。
また、現金を取り扱わないので、どこにでも設置できるという利点も。

まずはUMACAをタッチ!
そして、右手をかざして静脈認証。
今度はマークカードを入れるか、スマッピー投票でQRの読み込み。
モニターに買い目が表示されるので確認を押下。
再度、UMACAをタッチ。
利用明細を受け取り、馬券購入が完了!
利用明細はレシート型で、買った馬券のイメージがプリントされているのは嬉しい!
けど、単勝を買っても馬名は印字されなかった。

で、初めて使った感想として手数が多過ぎ…

両手にUMACAスマッピー投票用のスマホを持っている状態で、静脈認証→UMACAタッチ→スマホかざす→確認ボタン押下→UMACAタッチ→レシート受取という作業を行うため、慣れてないといっぱいいっぱい!

UMACAをいちいちタッチするのではなく、台に置けるようにすれば右手が空くのだが、置き忘れないようにするための配慮だろうけど。

あと、スマッピー投票のQRが1枚しか読めないというのが非常に不満。
スマッピー投票ミニでQRを複数作っておいても、UMACAタッチ~静脈認証~QR読取~レシート受取の流れを1回1回やらないといけない。
スマッピー投票ならマークカード7枚分が1つのQRに収まるが、マークカード8枚以上を買う場合は、やはり最初からやり直し。
なんでQRを連続で読み取れないのか?

この仕様だと、キャッシュレス投票より、馬券あり現金投票の方が全然使い勝手が良いと思ってしまう…

ちなみにこの日のUMACAによる発売金額は712万9700円とのこと。
 

UMAポート

また、今までのオッズプリンターに変わって「UMAポート」の運用も始まりました。

1日20回まで無料でオッズを印刷できたり、UMACAの利用状況によってクーポンを発行できる機械。

UMACA関連の機器はこの3種類ですが、気になるのはそれぞれがバラバラに置かれていること。

入出金機は現金を扱うので、これまでの発売払戻窓口の並びに設置せざるを得ないのはわかるが、そこでチャージしたとしても、投票機が近くにないし、投票機とUMAポートは同じ場所に置かれている場合もありますが、大半は片方しか置いてなく、都度、機械を探さないといけないというのは非常に不便。

まぁ、これも慣れるしかないのだけど…
 

UMACAサポートセンター

これまでフジビュースタンド3FにあったWIN5サポートデスクは、今日から「UMACAサポートセンター」にリニューアルされました。

ここには場内で唯一、入出金機投票機UMAポートの3種類とも揃っています。

また、UMACAの新規登録も行えます。

UMACAのことで困ったら、とりあえずここに来ればよいかと。