東京競馬場どっとこむ


2019年10月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       

2019年11月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       

2019年12月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

2019年11月4日(月)の競馬日記

第19回 JBC

浦和競馬場


JBC@浦和競馬場

ポスター(JBC)遂に今年もJBCの日を迎えました!

今年はJBC初開催となる浦和競馬場が舞台。

けど、競馬場自体が狭いので、場内は大混雑でした!

また、今日は入場無料で、最終的な入場者数は29191人とのこと。
JBC@浦和競馬場JBC@浦和競馬場
JBC@浦和競馬場JBC@浦和競馬場
JBC@浦和競馬場ゴール板(JBC)
 

新スタンド

JBC@浦和競馬場JBC開催に合わせて、今年、2号スタンドが新スタンドに建て替えられました。

浦和競馬場を訪れるのは4年ぶりなので、新スタンドを見るのは初めて。

けど、混んでて場内を歩くだけでもひと苦労だし、新スタンドも狭く、見てまわるには今日は厳しい状態。

今度、普通の開催日に再訪するかなぁ…

また、通常、JBC開催なら屋台とかが出てお祭り気分満載ですが、混むのはわかっているので、様々なイベントブースを設置するのは困難と判断したのか、既設店舗以外のブース等はありませんでした。

よって、JBC開催だというのに全体的に地味でしたが、賢明な判断かと。
 

レーシングプログラム

レーシングプログラムJBCということで、特別版のレーシングプログラムも配布されていました。
 

JBCレディスクラシックはヤマニンアンプリメが快勝!

ヤマニンアンプリメ(JBCレディスクラシック)
JBCレディスクラシックレース結果
そして14:00発走の8Rから2019年のJBCが開幕!

まずはJpnⅠJBCレディスクラシック。牝馬限定の1400m戦。

レースはスタートして150m地点で、矢野貴之騎乗の2枠2番タイセイラナキラが内側へ斜行し、戸崎圭太騎乗の1枠1番モンペルデュが内ラチに激突して落馬!
内ラチが破壊され、戸崎騎手も飛ばされましたが、レース中でもありそのまま待機。

波乱の展開となりましたが、レースは逃げた2番人気ゴールドクイーンを3番人気ヤマニンアンプリメが直線で差し切って優勝!

シニスターミニスター産駒の牝5で、鞍上は昨日まで米国で本場のブリーダーズカップに騎乗していた武豊騎手。

武豊騎手は2016年JBCクラシック以来のJBC勝利で、JBCレディスクラシックは初勝利となり、JBC競走通算10勝目!

ちなみにレース後に戸崎騎手はすぐさま救急車で運ばれ、右肘開放骨折の疑いとのこと…
 

JBCスプリントは地元馬ブルドッグボスが大金星!

ブルドッグボス(JBCスプリント)
JBCスプリントレース結果
14:45発走の9RはJpnⅠJBCスプリント。1400m。

注目は藤田菜七子騎乗のコパノキッキング

レースは3番人気ノブワイルドが逃げ、それをコパノキッキングが追走する展開。
3コーナーでコパノキッキングが先頭に躍り出て、そのまま押し切るかと思いきや、200mしかない直線で猛然と追い込んできたのが6番人気ブルドッグボス
そしてゴールの瞬間、コパノキッキングをクビ差捉えて大金星!

ブルドッグボスは牡7の元JRAオープン馬で2年前に浦和へ移籍。
前走のJpnⅡ東京盃2着から地元開催で遂に頂点へ!
ダイワメジャー産駒で、鞍上は御神本訓史騎手。

JBC競走を地方馬が勝つのは、2007年フジノウェーブ2017年ララベルに続き、史上3頭目のこと。

また、3着に11番人気のトロヴァオが入線し、3連単は149万7730円と大波乱の結果に!
 

JBCクラシックはチュウワウィザードが接戦を制する!

チュウワウィザード(JBCクラシック)
JBCクラシックレース結果
15:30発走の10RはJpnⅠJBCクラシック。2000m。

マインシャッツが出走取消で11頭立て。

レースはワークアンドラブが逃げる展開で進みますが、1番人気チュウワウィザードが3コーナーから早くも先頭へ。
それに合わせて2番人気オメガパフュームも外から進出し、直線ではその2頭の競り合いとなって全く並んだ体勢でゴール!

スローリプレイを見てもどちらが勝ったか判断つかないような大接戦でしたが、写真判定の結果、ハナ差でチュウワウィザードが優勝!

同馬は前走、帝王賞オメガパフュームの2着でしたたが、その雪辱を果たしてJpnⅠ初制覇!

キングカメハメハ産駒で、鞍上は川田将雅騎手。
 

JBCフラッグ引継式

JBC@浦和競馬場そして最終11R終了後、JBCフラッグ引継式が行われました。

来年は大井競馬場

さらに門別競馬場でもJBC2歳優駿を同日開催。

実質、JpnⅢ北海道2歳優駿JBCに吸収しただけのレースですが、それをJBC2場同日開催とか謳われても…

また、2場同日開催をちょっとした売り文句にしているようにも聞こえるが、1場開催に集約できなかったというのは恥ずべきことだと思うのだけど…
 

令和最初のJBCが閉幕

JBC@浦和競馬場そうして今年のJBCは閉幕。

あの狭い競馬場に大勢の競馬ファンが押し掛けたら大変なことになるのではないかという懸念はありましたが、特に混乱はなく、無事に開催できたことは良かったと思います。

来年は手馴れている大井競馬場だし、非常に楽しみ!